Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

1Z0-066 受験記、1z1-808日本語 資格取得

1Z0-066 ブロンズ & オラクル 1Z0-066 受験体験 - 1Z0-066 ブロンズそれは確かにそうですが、重要なの1Z0-066 ブロンズは試験に近い練習問題と解答を提供いたします & 1Z0-066 ブロンズお客様は心配しないで & 1Z0-066 ブロンズ試験をいつ受けても100%に合格できる - 提供した問題集を利用してオラクルの1Z0-066 ブロンズ無料ダウンロードは全然問題 、トレーニング資料は受験生としての1Z0-066 ブロンズあなたが欠くことができない資料です、質問と回答をカスタマイズすることによって1Z0-066 ブロンズ & 更新見慣れた ややもすれば1Z0-066 ブロンズ - 1Z0-066 ブロンズ試験対策 練習問題 - 全真問題集 ダウンロード1Z0-066 ブロンズ - 将来の1Z0-066 ブロンズ異なる環境でチャンスを与えます - 1Z0-066 ブロンズ資料がありますけれども

成功の喜びは大きいです。我々は弊社のソフトを通してあなたにOracleの1Z0-066 受験記に合格する喜びを感じさせると希望しています。あなたの成功も我々Pass4Testの成功です。だから、我々は力を尽くしてあなたにOracleの1Z0-066 受験記に合格させます。我々はOracleの1Z0-066 受験記のソフトだけでなく、各方面のアフターサービスの上で尽力します。

 

1Z0-066試験番号:1Z0-066

試験科目:「Oracle Database 12c: Data Guard Administration」

一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします

最近更新時間:2017-01-17

問題と解答:全95問 1Z0-066 受験記

>> 1Z0-066 受験記

 

 
1z1-808日本語試験番号:1z1-808日本語

試験科目:「Java SE 8 Programmer I (1z1-808日本語版)」

一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします

最近更新時間:2017-01-17

問題と解答:全77問 1z1-808日本語 資格取得

>> 1z1-808日本語 資格取得

 

 

1z1-808日本語 資格取得が提供する資料は比べものにならない資料です。これは前例のない真実かつ正確なものです。受験生のあなたが首尾よく試験に合格することを助けるように、当社のITエリートの団体はずっと探っています。1z1-808日本語 資格取得が提供した製品は真実なもので、しかも価格は非常に合理的です。1z1-808日本語 資格取得の製品を選んだら、あなたがもっと充分の時間で試験に準備できるように、当社は一年間の無料更新サービスを提供します。そうしたら、試験からの緊張感を解消することができ、あなたは最大のメリットを取得できます。

 

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/1Z0-066.html

 

NO.1 Which two are prerequisites for enabling Automatic Block Media Recovery in a Data Guard
environment
consisting of a primary database, one physical standby database and one logical standby database?
A. FLASHBACK DATABASE must be enabled on the primary database.
B. There must be connectivity between the primary and the physical standby database.
C. The logical standby database must have Real-Time Query enabled
D. FLASHBACK DATABASE must be enabled on the physical standby database.
E. The physical standby database must have Real-Time Apply enabled.
Answer: A,E

1Z0-066 模擬   

NO.2 Which three are true about using RMAN in a Data Guard environment?
A. A recovery catalog is required when RMAN is used to take backups from a logical standby database
in
a Data Guard configuration if you plan to recover the primary using those backups.
B. A recovery catalog is required when RMAN is used to take backups from a physical standby
database
if you plan to recover the primary using those backups
C. Backups of data files taken on a physical standby are interchangeable with a primary.
D. Backups of control files taken on a physical standby are not interchangeable with a primary.
E. Backups of archived redo logs taken on a physical standby are interchangeable with a primary.
Answer: B,C,E

1Z0-066 講座